探偵 比較

料金総額の高い安いよりも追加料金や内訳に注意

探偵に依頼する際の注意点

 

複数の探偵から料金の見積もりをとることは大前提ですが、その後に比較する際の注意点としては料金の内訳や追加料金に関してです。

 

ただ総額の大きい小さいではなく、良心的な探偵事務所であれば事前に追加料金の取り決めを話してくれているはずですし、一切追加料金がかからない探偵もあります。

 

金額の大小だけではなく細かいところまで事前に話を詰めておきましょう。

 

見積もり結果の調整が利くかをチェックしましょう。

 

探偵業者に料金の見積もりを依頼して出してもらったら、そこからどのぐらい調整が利くかをチェックしておきたいところです。

 

例えば、探偵業者というのは、時間計算型や日割り計算型など色々な料金システムで運営しているものです。

 

調査をしていない時間が調査料金に含まれていないかを確認したり、調査時間について細かく話をすることができれば、無駄を省いて費用を抑えられることでしょう。

 

こういった、どの程度融通が利くのかをチェックしながら探偵業者を比較していけば、選びやすくなるものです。

 

業者を比較する際に見ておきたいポイントについても書いておきます。

 

探偵業者を比較する時には、見積もりの時には出されることがなかった費用を後から請求されることがないかをきちんと確認しておくことが大切です。

 

注意書きなどを見落として、そういった費用を後から請求され、思っていた以上にお金がかかることになったら大変です。

 

また、調査費用にはどういった内容のものが含まれているのかもチェックしておくと選びやすくなることでしょう。

 

人件費や交通費、報告書の作成費など色々なものが考えられますが、色々な調査内容が費用に含まれており、追加で費用が発生することがないとわかれば、安心して質の高い調査をしてもらえることでしょう。

 

安すぎる探偵は要注意

 

料金を基準にして探偵社を選ぼうとしていませんか。

 

仕事の依頼をする場合、確かに料金が気になります。

 

ただし低料金や格安を謳い文句にしているところには気をつけなければいけません。

 

探偵業には、医者や弁護士のように開設する為の国家資格は存在しないのです。

 

なので顧客を獲得する為に、低料金や格安料金を掲げているところも少なくありません。

 

安いからには理由があるのものです。多くの場合は十分な調査員をつけていなかったり、機材が古いなど本当に正確な調査を行っているか微妙な場合があります。

 

しかし、そういった所に依頼した場合に気をつけなければいけないことがいくつかあります。

 

他にチェックしておくべき点は、公安委員会に届け出をだしているか。

 

探偵業開始届出書を持っていないところには注意が必要です。

 

これを持っていない探偵社は、法律を守らない方な営業方法をとっている、もしくはほぼ素人の状態で営業をしようと考えていると思って問題ないです。

 

なぜならば、この届出書を出さずに営業していた場合、罰則規定が存在するからです。

 

⇒探偵業開業届け出に関する詳細はこちらから

 

次に、依頼時の見積とかけ離れた請求をしてくる場合。

 

会社によっては最初の見積にプラスして交通費等の実費を請求してくるところもありますが、それだけではなく不明瞭な項目を並べて高額な請求をしてくる場合もあるのです。

 

金額だけで選ぶのではなく、その探偵社が信用できるのかどうかを、まずは見極めるようにしましょう。

 

探偵依頼の費用と料金相場